知られざる日本の清流 仁淀川-わたしたちの仁淀川をご紹介します-


おはようございます!

本日は、あいにくの雨…雨

今日12/21は日本で皆既日食が見られるようですねexclamation


西日本はお天気が崩れるところが多いようで、北日本ではきれいに見れるようですぴかぴか(新しい)

各地の詳しい皆既日食の時間はこちら☆↓↓

http://life.oricon.co.jp/83200/full/



さて、今日は「知られざる 日本の清流 仁淀川」
についてご紹介します。



横畠⑤.JPG



◇仁淀川ってどこを流れている川なの?

A.仁淀川は愛媛県・高知県を流れる一級河川です。
流域面積は、1560K㎡、流路延長124㎞!吉野川・四万十川と並ぶ、四国第三の河川で、流域人口は約11万人!!


四国最高峰である、石鎚山に源を発する面河川と、分水嶺である久万川が合流して形成されています。
四国山地に深いV字谷を刻み込みながら南下し、やがて高知県土佐市付近で太平洋へと注ぎ込みます。


画像 013.jpg
↑仁淀川の河口付近(土佐市)



◇なぜ「清流」と言われているの?

A.仁淀川は四国のおもな河川の中でも水質トップクラスなのです。

水の汚れを示すBOD値の低さが、徳島県・那賀川についで2位! 水辺の利用率も全国1位

と、その水質の良さから仁淀川は地域住民、また観光客から広く愛されている 清流なのです黒ハート



◇仁淀川は何が有名なの?おすすめの楽しみ方は?


A.仁淀川は清流ゆえ、たくさんの水にまつわる文化があります。楽しみ方は、川遊びはもちろん、仁淀川流域の文化や歴史にふれる体験もおすすめです☆

・土佐和紙 「世界で最も薄くて強い紙」ともいわれる土佐典具帖紙(とさてんぐちょうし)が有名です。
上流域では江戸期に製紙の原料となるコウゾやミツマタが多く栽培され、中流域での和紙の生産を支えました。現在では、コウゾやミツマタの生産が激減し、需要も減りましたが、品質は変わらず、伝統工芸品として今もなお、生産され続けています。

いの町では、土佐和紙紙すき体験も出来ますよかわいい

土佐和紙工芸村 くらうど「土佐和紙紙すき体験」↓
http://www.qraud-kochi.jp/tosawashi.html

いの町 紙の博物館↓
http://www.k3.dion.ne.jp/~tosawasi/index.html


・沈下橋

浅尾沈下橋①.jpg

画像 087.jpg

沈下橋とは、洪水時に水没することを前提として架けられた橋のことです。

仁淀川流域は日本でも年間の降雨量が最も多い地域にあたり、しかも短期間に集中して降ることが多いため、川の氾濫による橋の流失を防ぐため、昭和初期から40年代にかけて盛んに造られました。

片岡沈下橋③.jpg
欄干がなく、幅も車が1台やっと通れるくらいです。

沈下橋をめぐり、日本の原風景を撮影するのもおすすめです☆


・カヌー&カヤック
仁淀川は吉野川に比べて流れがゆるやかなので、ソフトラフティングやカヌー、カヤックなどの川遊びが盛んですぴかぴか(新しい)


仁淀川での川遊びなど詳しく載っています☆ 仁淀川お宝総合案内所↓
http://otakara-niyodo.gr.jp/about.html

土佐和紙工芸村 くらうど「カヌー体験」↓
http://www.qraud-kochi.jp/canoe.html



001.gif




今日ご紹介したのは、実はほんの一部です。

仁淀川流域には、まだまだたくさんの歴史・文化・伝統・遊び・お土産などがあります!!

今後も、仁淀川流域のいろんなものをご紹介いたしますexclamation×2

おたのしみにるんるん


>↓ランキングに参加中です(^.^)励みになりますので、よければクリックしてください☆

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

参考資料・HP 仁淀川清流紀行-仁淀川流域マップ- 高知河川国道事務所
高知河川国道事務所HP http://www.skr.mlit.go.jp/kochi/index.html



012.gif


posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 11:05高知 ☁Comment(0)日記

伝統文化と食を満喫-こうぞはぎと懐かしの食体験-

こんばんわ☆


今日は、やっと年末調整実務と法廷調書の提出が終わり、ほっと一息つきましたダッシュ(走り出すさま)

本題に入る前に、今日は何の日~~るんるん


本日12月13日は「美容室の日」「ビタミンの日」、12月13日生まれの有名人は織田裕二さん、瑛太さん、井戸田潤さん
ちなみにこの3人の中では瑛太さんが一番タイプです黒ハート



さてさて、昨日は、ふれあいの里柳野で開催されました「こうぞはぎと懐かしの食体験」に行ってきましたよーぴかぴか(新しい)


画像 184.jpg



画像 187.jpg



このイベントは、和紙の原料となるこうぞはぎの体験と、懐かしい田舎料理を楽しめるイベントでしたexclamation


会場に入るなり、写真を撮るのも忘れて、たっくさんのご飯を頂きましたよーー黒ハート



まずは、鶏の丸焼きexclamation×2

画像 150.jpg


画像 151.jpg
ドラム缶を使って、じんわりじんわり焼いていきます☆



そして!会場でも大人気だった、イタドリのピザ揺れるハート

画像 178.jpg


画像 223.jpg
手作りのピザソースと、しゃきしゃきのイタドリ、とろけるチーズが本当絶妙なんですハートたち(複数ハート)


続いては…

画像 181.jpg


しし肉BBQ&しし汁&豆腐・こんにゃく田楽

画像 186.jpg


画像 182.jpg

画像 183.jpg

しし肉も全く臭みがなく、こんにゃくも歯ごたえがあり、とてーもおいしかったです☆


ひととおり、ご飯を食べた後は…るんるん


こうぞはぎを体験しましたぴかぴか(新しい)

画像 155.jpg
さすが☆作業がとても素早いです!!


画像 158.jpg
わたくしも挑戦しました!

画像 167.jpg
初めてなので、難しいあせあせ(飛び散る汗)


こうぞをはぐ感触は、アボカドの皮をむく感じで、とても気持ちいい作業でしたよ☆
するするとはがれました!
こうぞのにおいも、一緒に蒸したお芋の香りがして、いいにおいでした~わーい(嬉しい顔)


その後は、こうぞのへぐりも体験しました☆


画像 215.jpg


画像 220.jpg
アメリカ出身のブレインは、へぐる作業がとても上手でした☆


画像 176.jpg
ブレイン先生と生徒の優香ちゃんときららちゃんハートたち(複数ハート)


こうぞをへぐってる間もこうぞがどんどん蒸しあがってます☆

画像 193.jpg

画像 198.jpg
こうぞと蒸しあがったお芋さん☆甘くって、本当美味!



午後3時くらいまで、会場はにぎわっておりましたるんるん


地元の方とも交流が出来、こうぞはぎという伝統的な体験も出来て、美味しいごはんも頂いて、大変貴重な経験になりました☆



また来年も参加したいですかわいい




明日は、松山大街道での火曜市に参加しますハートたち(複数ハート)


お近くの方は是非、いらしてくださいね★


↓ランキングに参加中です(^.^)よければクリックしてください☆

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 18:08高知 ☔Comment(0)日記

12/7仁淀川フェア@松山・大街道-

こんにちわ★

今日はこじゃんとひやいですねーー><

本川の方では、雪が降ったとか雪

体調管理には十分気を付けましょうねぴかぴか(新しい)


ところで、、

12/7(火)我々仁淀川地域観光協議会は、
火曜市「仁淀川フェア」@松山大街道に行って参りましたよexclamation


当日は、朝5時に高知を出発し、早朝から仁淀川地域観光PRブースを設置しておりました。


画像 081.jpg
準備中……☆

画像 086.jpg
準備中……★

画像 091.jpg



画像 093.jpg



画像 095.jpg


高知市内からもたくさんのお店が出店し、松山市の方に高知を大・大・大PRしてきましたグッド(上向き矢印)


画像 096.jpg



画像 097.jpg



画像 104.jpg
くろしお君は松山でも大人気ですよ~黒ハート


画像 099.jpg
國嶋も松山のご婦人に仁淀川を猛アピール中揺れるハート


来週12/14(火)仁淀川フェア@松山・大街道出店しまするんるん


お近くの方、ぜひお越しくださいexclamation×2


2010120713560000.jpg
くろしお君と一緒にお待ち致しておりますかわいいかわいい






posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 16:37高知 ☀Comment(0)日記

落ちアユ漁解禁@仁淀川

おはようございます☆


今朝もひやいですねぇあせあせ(飛び散る汗)
朝、布団から出るのが日に日に辛くなってきますあせあせ(飛び散る汗)


さて、昨日の12月1日から落ちアユ漁が解禁しましたねぴかぴか(新しい)


仁淀川大橋付近は多くの釣り人でにぎわってましたるんるん



画像 018.jpg


画像 029.jpg


落ちアユとは、産卵行動の最中・もしくは済ませたアユのことだそうです。

集団行動をしながら産卵を行い、あとは命が尽きるのを待つだけなので、ほとんど餌を食べないそうです。

なので、普通の鮎釣りと比べて少々難しいとのこと。



画像 020.jpg


画像 013.jpg



こんな長い竿を使って釣るんですね~exclamation×2

さっそく、釣り人のお兄さんに調子を伺いました手(チョキ)


画像 016.jpg


「おんちゃん、釣れゆう~?調子はどう??」

「今、50匹ばぁ釣れたで」

といってるそばから・・・・・・・・・・・

画像 015.jpg

さっそく、また一匹黒ハート

お兄さんも思わずピース手(チョキ)



画像 022.jpg

こちらのお兄さんも黒ハート




画像 025.jpg
↑ぴちぴちと元気な獲れたてのアユ


画像 024.jpg

早速、獲れたてのアユを河原で焼いている方もいらっしゃいましたよぴかぴか(新しい)



画像 009.jpg

今年は、小ぶりで数もいまひとつ、全体的に低調らしいです。

昨日の私の印象では、まずまずなのかな、と思いましたが、どうなんでしょうか。





落ちアユ漁の見学を終えて、河原を歩いていると、ごみがチラホラポイ捨てされていましたもうやだ〜(悲しい顔)

画像 008.jpg


自然の恵みを大切にハートたち(複数ハート)

来たときよりも美しくぴかぴか(新しい)

出たごみは持ち帰り、この大自然を守っていきましょうぴかぴか(新しい)




posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 09:39高知 Comment(0)日記