2016年04月19日

にこ淵への道

いの町程野地区には、「程野の滝」と呼ばれる雄大な滝が四つありますが、
その下流側に、滝壺がとても美しい「にこ淵」と言われる場所があります
これまでは、地元民と一部のマニアのみぞ知る隠れスポットでしたが、
昨年10月に日テレ系のテレビで紹介されて以来、一躍有名な場所になりました。

ただ、駐車スペースから「にこ淵」へ降りていくまでの道が大変狭く急なため、
なかなか一般の観光客の方が立ち入るのは困難でした。
この度、少し降りていく道が改修されたということなので、現地確認に行ってきました

場所は、いの町中心部から国道194号を西条市方面に40分ほど走った右側、
グリーンパークほどの(キャンプ場)に入っていく分岐点を、
グリーンパークほどのに向けて3分ほど走った左側にあります。

「にこ淵」への降り口
niko1_R.jpg

「に」が抜けて「こ淵」になっているのもご愛嬌〜

このあたりは、比較的フラットな道で気持ちいい感じ。。
niko2_R.jpg


この看板から先は急勾配で降りていくことになるので、
安全確保のための鎖とロープが張られています。niko3_R.jpg

なんと
丸太をはめ込んだ階段が整備されてるniko4_R.jpg

階段の先は、ゴツゴツした岩が露出したこれまでどおりの道。。niko5_R.jpg

最後の難所は、鉄製のハシゴ階段。。
みんな恐る恐る降りてます
IMG_6219_R.jpg

少しスリルを味わいながら、ようやくたどり着いた「にこ淵」
春の日差しが差し込んで、とても綺麗な仁淀ブルーになってました
niko7_R.jpg
これまでに比べて、降り道が少し整備されたことで、
健脚の老若男女であれば、多くの方がたどり着けると思います。

かなりの山奥で観光地のように整備もされていませんが、
少しだけ自然の中を冒険して神秘的なブルーを探してみませんか

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif




posted by 仁淀川地域観光協議会 at 18:34| 高知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 美味しいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

花、はな、華の仁淀川町

高知の観光開きは2月の初めでしたが、やはり観光の切り込み隊長は仁淀川町です。毎年2月11日、建国記念の日には前述の秋葉祭りがあります。そして3月下旬から4月初旬にかけて、桜と花もものオンパレードとなります。本当に桃源郷とはこんな所を言うのでしょうね。

中越家や市川家、大石家に咲くしだれ桜。池川地区土居川沿いや大渡ダム湖畔に咲き乱れるソメイヨシノ。吾川のひょうたん桜、そしてこの数年で大脚光を浴びている花もも。国道33号線沿い引地橋近くの花ももや久喜の沈下橋から山の中に車で15分のところにある上久喜の花もも。

桃源郷の世界へようこそ!

ドライブイン引地橋からほんのわずか、5年ほど前から春の風物詩となってきました。
RIMG1360_R.JPG

RIMG1364_R.JPG

庄屋さんだった中越家に咲く樹齢200年のしだれ桜
RIMG1366_R.JPG

町長さんのお庭に咲く大石家のしだれ桜。樹齢60年と言われています
RIMG1369_R.JPG

吾川のひょうたん桜を国道439号線から見上げてみました。
RIMG1372_R.JPG

現在の桃源郷!花咲かじいさんと言われて思わず納得の上久喜の花もも
連続で写真5枚 ご覧ください。
RIMG1374_R.JPG

RIMG1377_R.JPG

RIMG1380_R.JPG

RIMG1381_R.JPG

RIMG1384_R.JPG

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif



posted by 仁淀川地域観光協議会 at 11:56| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック