2018年04月23日

横倉山ツアー、無事終了しました

4月14日(土)に実施した横倉山ツアーですが、無事終了しました。

自画自賛になってしまいますが、いや、これはいいツアーになったんではないでしょうか。

ツアーの様子を簡単に報告します。


天気予報、雨!

いやいや、勘弁してくださいよ!

天気予報はいつも日本気象協会のサイトを見ているのですが、天気予報は生憎の雨予報。。。

しかも前日の13日はこれでもかというぐらいいいお天気。

自分の運の無さを呪いました。

とまあそんなことばかりも言ってられません。

幸い大荒れにはならなさそうだったため、ツアーは予定通り実施しました。

DSC_2077.JPG


越知町へ!

バスは高知駅を出発、一路西へ。

道中は仁淀川流域の観光スポットなどの紹介をしながら越知町を目指します。

まずは、最初の立ち寄り場所、観光物産館おち駅へ。

Q1A5251-1000x640.jpg

新鮮な野菜や山菜など、地元食材がいろいろ買えます。

いきなり買い物というのも変な感じがしますが、土日のおち駅は野菜が午前中にはかなり売れてしまうそうで、帰りに立寄ってもほとんど残っていないのです。

今回のツアーはお昼ご飯がついていないので、お昼ご飯を買う方もいらっしゃいました。

d69162b9f85e4931ca0921dab24f190d-1-1000x640.jpg

おちカツサンド、旨いんですよね。
登山にもおすすめですよ。

観光物産館おち駅
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/miyage/ochieki.htm


神秘と浪漫の山、横倉山へ!

予定としては先に博物館に行ってから登山という順番だったのですが、午後から雨が降る予報だったのでご参加の皆さんの了解をいただいて、先に横倉山に登ることにしました。

なるべく降られたくないですからね。

IMGP8881.JPG

さて、登山口の第3駐車場に到着しました。

ここからは2班に分かれて歩きます。

幸いにもまだ雨は降っていませんでした。

IMGP8899.JPG

横倉山の深い森が癒してくれます。

低山なんですが、独特の雰囲気のある森です。

でも道はよく整備されていて歩きやすいです。

IMGP8906.JPG

杉原神社に到着です。

杉の巨木がたくさん生えていて圧巻!

そして神社の社殿も見学します。

IMGP8954.JPG

IMGP8957.JPG

結構スルーされる方が多いんですが、彫刻も細かくてなかなか見ごたえがあるんです。

IMGP8961.JPG

記念に一枚。

さて、一行は横倉宮を目指して登ります。

IMGP8980.JPG

IMGP8981.JPG

横倉宮に到着。

せっかくなので、この裏に回ってみましょう。

IMGP9012.JPG

❝馬鹿だめし❞と言われる石灰岩の岩場です。

全身を使って先まで下りると迫力満点の景色が見られます!

※岩場は危険なので行く方は自己責任でお願いします。

このあたりからぽつぽつと雨が降ってきました。

次は畝傍山眺望所へ。

IMGP9040.JPG

馬鹿だめしの岩場がよく見えます。

あんなところにいたのか。。

ここから少し歩くとまた階段です。

IMGP9066.JPG

登り切ると、、、

IMGP9073.JPG

IMGP9087.JPG

安徳天皇陵墓参考地に到着しました。

教科書では壇ノ浦の戦いで平家が敗れ、その際に安徳天皇も亡くなったことになっています。

が、実は四国へ逃げのびて横倉山で過ごしたという伝説が、まことしやかに伝わっています。

というか、ガイドさんの話を聞いていると、それが本当なんじゃないかという気になってくるぐらい説得力があります。

この陵墓参考地は宮内庁が管理しているとのこと。

安徳天皇がここで亡くなったというのはあくまで仮設なので「参考地」が付くわけですね。

IMGP9119.JPG

その後、雨がしとしとと降る中、無事に第3駐車場に下山しました。

だんだん雨は強くなってきていましたが、深い森のおかげでそれほど下に雨粒が落ちてこず、思ったよりも濡れずにすんだのは良かったです。


一緒に歩いてみて思いましたが、やはりガイドさんがいるといないとでは全然違いますね。

横倉山は個人で歩いてもいい山ではあるんですが、ガイドさんの話を聞くと楽しさが何倍にもなります!

ガイドの予約は越知町観光協会が窓口になって受け付けています。

ガイド料金はお客様1名につき¥2,000です。

http://www.ochi-kankou.jp/mtyoko.html



横倉山自然の森博物館

まだまだツアーは続きます。

予定では午前中に入ることになっていましたが、日程を入れ替えて午後に入館。

IMGP9164.JPG

2階のロビーには横倉山の絵がどんと飾られています。

IMGP9162.JPG

今回はツアーということで特別に学芸員さんに館内を案内してもらいました。

地質、植物、歴史といろいろな横倉山のすがたが勉強できました。

横倉山自然の森博物館
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/look/hakubutukan.htm



越知名物のお漬け物!

博物館に別れを告げ一路東へ。

でももう1か所寄るところがあります。

その名も越知物産。

Q1A7087-1-1000x640.jpg

ここのしば漬け、本当に美味しいんですよね。

今回も買って帰ったのですが、妻に一瞬で食べつくされました。。

他にもたくあんや奈良漬けなど、昔ながらの製法で作られたお漬け物がいろいろと売られています。

試食して買うことができるので安心ですね。

越知町に立寄られる際は外せませんよ。

越知物産
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/food/ochibussan.htm



その後、高知市へ移動する間、どんどん雨は強くなってきました。

少しずれていたら大変だったな。。

今回ぐらいの雨だと横倉山の神秘的な雰囲気も楽しむことができて、逆に良かったかも?

今回ご参加いただいたかた、本当にありがとうございました!



スノーピークのキャンプ場もオープンしたし、横倉山のガイドもスタートしたし、あとはラーメン屋「倉橋」もオープンしたし、

いま、越知が熱い!!


ゴールデンウイークの予定がまだ決まっていない方は横倉山なんかいいんじゃないでしょうか?

横倉山のガイドは2日前まで予約が可能です。

ぜひ越知町へ!
posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 17:18| 高知 ☁| Comment(0) | ツアーの様子 | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

にこ淵・安居渓谷・中津渓谷・いの町道瓶ヶ森線(UFOライン)の道路交通情報

暖かくなりましたね。

2月は極寒でしたが、3月に入ってから汗ばむ日も出てきました。

高知は本当に春が短いです。

さて、ゴールデンウィークも近づき、たくさんの方が仁淀川エリアに来られることと思います。

人気スポットの道路情報をまとめますので、ぜひお出かけ前にチェックしてくださいね。


【にこ淵】

niko7_R.jpg

落石で危険なため、道路から滝壺へ下りる遊歩道が依然通行止めです。
ご迷惑をおかけいたします。
補修の目処がたちましたら、ウェブサイトやブログ、Facebook、Twitterでお知らせいたします。


【安居渓谷】

安居渓谷・水晶渕.jpg

安居渓谷へ向かう県道362号線で、道路工事のため通行規制が実施されています。

規制期間:平成30年4月9日(月)~7月13日(金)
※第2・4土曜日、日曜日は規制なし
※ゴールデンウィーク(4月28日~5月6日)は、片側交互通行
通行制限時間表:
~08:30通行可能
08:30~09:00通行止 / 09:00~09:10通行可能
09:10~10:00通行止 / 10:00~10:10通行可能
10:10~11:00通行止 / 11:00~11:10通行可能
11:10~12:00通行止 / 12:00~13:10通行可能
13:10~14:00通行止 / 14:00~14:10通行可能
14:10~15:00通行止 / 15:00~15:10通行可能
15:10~16:00通行止 / 16:00~16:10通行可能
16:10~17:00通行止 / 17:00~通行可能
規制箇所の地図は下記よりご覧になれます。
Googleマップ:https://bit.ly/2EBD9mN


【中津渓谷】

中津渓谷.jpg

県道363号中津公園線、昇雲橋付近の改良工事のため通行規制がありますが、中津渓谷の入口である中津渓谷ゆの森や恵比寿茶屋までであれば、問題なく通行可能です。
中津渓谷の遊歩道についても同様、問題なく通行可能です。

しもなの郷、吾川スカイパーク、中津明神山などへ行かれる際は、規制区間を通りますので下記をご参照ください。
規制期間:平成30年2月20日(火)~6月25日(月)
※日曜日は規制なし
※5月3日~5月6日は規制なし
通行制限時間表:
~08:30通行可能
08:30~09:00通行止 / 09:00~09:10通行可能
09:10~10:00通行止 / 10:00~10:10通行可能
10:10~11:00通行止 / 11:00~11:10通行可能
11:10~12:00通行止 / 12:00~13:10通行可能
13:10~14:00通行止 / 14:00~14:10通行可能
14:10~15:00通行止 / 15:00~15:10通行可能
15:10~16:00通行止 / 16:00~16:10通行可能
16:10~17:00通行止 / 17:00~通行可能


【いの町・町道瓶ヶ森線(UFOライン・瓶ヶ森林道)】

P1150842.JPG

絶景が楽しめることで知られる、いの町の町道瓶ヶ森線ですが、4月13日(金)15:00より冬季通行止めが解除される予定です。
※道路状況によっては解除日時が変更される場合があります。



以上、主なスポットの道路交通情報でした。

ゴールデンウィークは道路が混み合うことが予想されます。

安全運転や交通マナーには十分にご注意いただき、ご旅行をお楽しみください。
posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 10:20| 高知 ☁| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

【大阪発着・女性限定】仁淀ブルーと石鎚山を楽しむツアー

随分暖かくなりましたね。

山の雪もどんどん融け、登山シーズンが始まろうとしています。

仁淀ブルー×新緑の組み合わせも楽しみです。

近頃、関西からのお客様も増えてはいるのですが、レンタカーやタクシーで回るのが一般的なため、なかなかハードルが高いんですよね。。

そんな関西在住の方に朗報です!

新緑が美しい5月26日(土)~27日(日)の2日間、仁淀ブルーと石鎚山の登山を楽しむツアーの参加者を募集中です。

ツアーの企画・実施は、国内外の登山・ハイキングツアーを手がけて49年の、アルパインツアーサービス。
http://www.ramri.jp

ツアーの内容をご紹介します。


女性限定ツアー!


20代から50代の女性に向けた、アルパインツアーのRamri(ラムリ)倶楽部がこの春スタートします。

その第1回目のツアーとして企画をしていただいたのが、今回の「西日本最高峰・石鎚山と奇跡の清流・仁淀ブルー 2日間」です。

アルパインツアーの女性スタッフが、女性のためのツアーとして内容もこだわっています!

お友だち同士で参加される方はもちろん、お1人でのご参加も大歓迎とのこと。

ツアーの魅力は、趣味の合う人が集まるところです。

ツアーでヤマトモを探してみてはいかがでしょうか?


仁淀ブルーを満喫!

水晶渕や飛龍の滝など、仁淀ブルーの神髄ともいえる安居渓谷の見所を、地元ガイドがご案内します。

安居渓谷・水晶渕.jpg
水晶渕

飛龍の滝/安居渓谷(西森氏提供)回転.jpg
飛龍の滝

特にこの時期、自然林の多い安居渓谷は新緑が素晴らしいんですよ。

じわじわと有名になりつつある「仁淀ブルー」ですが、安居渓谷までの道がなかなか細くて、自分で行こうとすると、運転に慣れていない人にとっては少し恐いかもしれません。

この点もツアーが安心ですね。


茶畑プリン!

空気と水のきれいな仁淀川町は知られざるお茶所。

この美味しいお茶を使って作られるスイーツが楽しめるのが、池川茶園工房cafeです。
http://www.ikegawachaen.jp/

ここの茶畑プリンがもう絶品なんです!

IMGP5580.jpg

目の前に仁淀ブルーの美しい流れを眺めながら、茶畑プリンとお茶のセットをお楽しみください。


日本百名山・石鎚山へ!

画像 056.jpg
石鎚スカイラインから望む石鎚山

奇跡の清流・仁淀川の源流は、西日本最高峰であり日本百名山にも数えられる石鎚山です。

2日目は、石鎚山の登山にチャレンジ!

石鎚山と言えば、そそり立つ岩壁が有名で、こんな山登れるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。。

ご心配には及びません!

岩壁にはちゃんと迂回ルートが付けられています。

また、アルパインツアーの信頼できるツアーリーダーが同行してくれますので、登山初心者でも安心して参加できます。

歩く時間は4~5時間程度です。

この時期、いろんな初夏の花も楽しめますよ!

-+--+--+-+--+--+-+--+--+-+--+--+-+--+--+-+--+--+-

「西日本最高峰・石鎚山と奇跡の清流・仁淀ブルー 2日間」
■旅行期間:2018年5月26日(土)~27日(日)
■旅行代金:45,800円
■集合:新大阪駅 集合5月26日(土) 6:45
■解散:新大阪駅 解散5月27日(日) 19:00(予定)

ツアーのお申込みは、山旅Ramri倶楽部のウェブサイトへアクセスください。
http://www.ramri.jp

ツアーに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。
アルパインツアーサービス株式会社大阪支店
[TEL]06-6444-3033
[FAX]06-6444-3032
[E-mail]osaka@alpine-tour.com
posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 13:50| 高知 ☀| Comment(0) | ツアー募集 | 更新情報をチェックする