2015年12月16日

ちょっと足を延ばして久喜沈下橋へ

 久喜沈下橋は昭和10年に造られた鉄筋コンクリートの沈下橋!高知県で最も古い沈下橋と言われています。
この周りは仁淀川本流で最も川幅が狭く激流となっている場所です。2004年3月に国の登録有形文化財に指定されました。
 
 国道33号線沿いにあり、ドライブイン引地橋近くの坂道を下ると約30秒、あっという間に到着します。しかしながら、この橋の存在を知る人は少なく、‟知る人ぞ知る”沈下橋なのです。

010_R.JPG

012_R.JPG

018_R.JPG

020_R.JPG


 この日は水量がかなり多く迫力満点でした。尚、この橋は生活道ですので、車の往来がたまにあります。山の奥にはいくつかの集落が点在し、車で10分ほどで行くと花桃の里と言われる上久喜地区があります。

 ここは4月中旬前後、赤、白、ピンクの花桃が咲き乱れ見事なコントラストをつくり出します。その景色はまさに現在の桃源郷! 上久喜の花桃は、また機会がございましたらご報告します。

025_R.JPG


LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif


 
 

 
posted by 仁淀川地域観光協議会 at 10:16| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431242088

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック