2016年07月19日

第26回氷室まつり

7月17日(日曜日)高知県単独で一番高い山である手箱山の麓、いの町(旧本川村)越裏門(えりもん)公民館下の河原で「第26回氷室まつり」が盛大に開催されました。午前中は雨が降りそうな天気でしたが午後からは晴れ上がりました。結局これが梅雨明けとなったのです。

JRいの駅からバスで約1時間20分、やっと現地に到着しました。今はまだ10時45分。11時開始の予定なのにすでにいたるところからバーベキューのお肉の匂いが漂ってきました。フライングOKのお祭りです。
IMG_0580_R.JPG

国会議員の先生やいの町長をはじめ地元の名士による鏡割りです。
IMG_0590_R.JPG

吉野川源流ミニ水族館が会場の隅っこに登場しました。
IMG_0609_R.JPG

本川神楽(国指定重要無形民俗文化財)のワンシーン。本神楽は回転レシーブ風の踊りが目をひきます。
IMG_0619_R.JPG

力強く勇壮な吾北一番風による吾北和太鼓演奏。思わず司会者のかよちゃんも見とれています。
IMG_0633_R.JPG

本川中学校全生徒(20名)による本川花取り踊り。校長先生をはじめ引率の先生方、ご苦労さまでした。
IMG_0638_R.JPG

腕っぷしに自信のある成人男子による丸太切り競争。
IMG_0641_R.JPG

河原の石の間に眠っている宝さがし。
IMG_0651_R.JPG


氷室の氷残量当てクイズに正解した方はなんと21名!(残量なしが正解でした)
その為、じゃんけんによる上位3名を決定しました。
IMG_0655_R.JPG

梅雨明けを予感させた午後3時、予定通りまつりは無事終了しました。

余談ですが、ここは吉野川の源流に近い上流域です。仁淀川同様、水の美しさにははっとすることがしばしば。今日はそれほどではなかったですが、以前2月に撮影しておいた越裏門周辺の吉野川の清らかなる流れをご覧ください。いの町はなんと仁淀ブルーと吉野ブルーが共存している地なのです。

DSCF5372_R.JPG

DSCF5395_R.JPG



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif






posted by 仁淀川地域観光協議会 at 11:20| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440191853

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック