2016年08月12日

仁淀川支流で自然体験学習

夏真っ盛りの8月上旬、越知町の旧明治中学校体育館とお隣の宮谷川で自然体験学習を開きました。
当日は川遊びの達人をおふたりお迎えして、大人や小学生・保育園児が入り交じり、大人も童心に帰り、楽しい川辺の一時を過ごしました。

講師の方は、お1人目が奥山英治さん。日本野生生物研究所所長です。「触れないと何にも分からない」をモットーに日本各地で観察会も行っています。今回の講義でも前日あらかじめ川で捕獲してきたスッポンや川エビを持ち込んできてくれました。
P1210360_R.JPG

P1210382_R.JPG
スッポンが川にいるなんて!と子供たちは大喜びです。

もうおひとりは、阿部夏丸さん。児童文学作家です。作品は、青少年読書感想文全国コンクール・課題図書にも選定されているそうです。
P1210365_R.JPG
人懐こさと巧みな話術で夏丸ワールドに引き込まれていきます。

昼食の後は、みんなで坂道を下り宮谷川へ。ここは仁淀川の支流です。普段はここで泳ぐこともない静かな小川です。車で5分の所には、仁淀川を代表する浅尾(あそお)の沈下橋があります。別名「鎌井田の沈下橋」ともいい、映画撮影の際は頻繁に利用されている沈下橋です。
P1210397_R.JPG
まずは、講師の先生から注意事項の説明がありました。楽しく小川で遊ぶ為のルールや気づきの説明を皆さん楽しく聞いております。

P1210401_R.JPG
テレビ高知の人気アナウンサーさんも登場し、一緒に川遊びを体験しました。夕方のイブニングニュースでは皆さんばっちり映っていましたね。

P1210407_R.JPG
川の下流から上流に向けて少しづつ移動しながら魚を探していきます。

P1210417_R.JPG
子供に戻った大人がここにも登場しました。やっぱり昔取った杵柄”ですね。遊びのレベルが高い。

P1210429_R.JPG
気になる上流をご紹介。そこにはなんと滝が。今回の川遊びは100メートルくらいの範囲の中で安全に楽しく行われました。

P1210433_R.JPG
楽しい遊びはまだまだ続きます。ちびっこ達はスライダーごっごに夢中です。

P1210446_R.JPG
さあ、いよいよタイムアップ!それでも子供たちは飽きることなくずっと川の中の魚を探しておりました。

観光協議会や各観光協会のメンバーも多数参加しておりました。本日肌で感じた体験は、今後の新しい観光メニューの開発につながっていくことでしょう。乞うご期待!


LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif




posted by 仁淀川地域観光協議会 at 16:26| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のトラックバック