紅葉真っ盛り 仁淀川地域で紅葉狩りをするならば

高知で紅葉狩りといっても、古都京都のように神社仏閣を訪れたらすぐ堪能できるというものではありません。やはり車を走らせてわざわざ山間部や渓谷にいかなければならないのです。
幸い高知市に隣接している仁淀川地域には、お勧めのできるきれいな紅葉スポットたくさんあります。

今回のお勧めは、①町道瓶ヶ森線(UFOライン)沿いの紅葉 ②人気急上昇「にこ淵」に近いグリーン・パーク程野(ほどの)の山々 ③寒風山トンネルの手前 「一之谷やかた」の庭園 ④佐川の青源寺です。
写真を撮ってきましたのでご覧ください。

①標高1,300m~1,700mの高地に位置しているだけに紅葉は10月中旬から下旬にかけて。天気さえ良ければ気分は最高間違いなしです。西日本で一番空に近い道から眺める紅葉は如何ですか。
RIMG0914_R.JPG

RIMG0918_R.JPG

RIMG0922_R.JPG

②森と滝そしてハイキングで知られていますグリーン・パーク程野ですが、ここ一年は仁淀ブルーのにこ淵の場所説明をする際に引用(ほどのに行く少し手前にあります、という風に)する場合が増えてきました。しかしながらグリンパークの山々(絶壁)に、もし4本の滝が(しかもどれも100m以上の落差で)同時に見られたなら、これはまちがいなく、日本を代表する景観となっていたでしょう。残念ながら4本の滝を同時に見ることは決してないですが。紅葉の時期はグリーン・パーク程野の面目躍如!まだまだにこ淵に主役の座を譲る訳にはいきません!!
P1210688_R.JPG

③こちら一之谷やかたは、寒風山トンネル南側入り口の県境、また町道瓶ヶ森線(UFOライン)の入り口、そしてなんといっても高知県における北の玄関口なのです!高知県民より愛媛県民をはじめ県外のゲストによく利用されているお食事処です。春夏秋冬どの季節も美しい景色の中に一之谷やかたは建っております。紅葉狩り目的で一之谷やかたの門をくぐってくるお客さんも少なくありません。お食事メニューは軍艦すきコースと湯豆腐コースの2コースのみ。私もいつか見学だけではなく、ちゃんと囲炉裏を囲んで湯豆腐コースを食べてみたいなあと思っています。
P1210695_R.JPG

P1210703_R.JPG

P1210706_R.JPG

④仁淀ブルーと言えば安居渓谷と言われるほどになりましたが、新緑と共に紅葉の時期はお勧め度100%。11月10日前後の2週間ほどが一番美しいのでは(年によって違いますが)と考えております。安居川は8月下旬から1月中旬あたりが”よりブルーブルー”しているとのことですので、やはり紅葉の時期が一番いいんだと思います。
P1210712_R.JPG

P1210709_R.JPG

⑤冒頭で高知では神社仏閣での紅葉は期待できない、みたいなイメージを与えてしまいましたが、それは古都京都との比較でのこと。決してそんなことはございません。高知市には五台山の竹林寺がありますし、文教のまち佐川町の青源寺は竹林寺同様、土佐三名園のひとつに数えられる京都臨済宗妙心寺派の寺院です。
まわりの雰囲気も良いし仁淀川地域で最も心休まるお寺ではないでしょうか。
P1210721_R.JPG

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック