立春を感じるバイカオウレン

こんにちは。

仁淀ブルースタッフのスノッチです。

今回は2月に開花ピークを迎える
バイカオウレンを観察しに行きました。

拠点地は佐川町の集落活動センター加茂の里
集落活動センターの加茂の里は

★JR土讃線の
土佐加茂駅を出て左側にある建物
徒歩およそ30秒!

車の場合は土佐・松山街道(国道33号線)から
県道297号線へ少し進むと進行方向(佐川方面)
左手に見えます

駐車場は計20台ほど
建物右手にバイカオウレン案内所があります
★案内所に花見スポットへの地図があります
★所要時間およそ1時間

※自生地保護活動として協力費300円ほどを
よろしければ備付募金箱へお願いいたします!

(注)集落活動センター加茂の里から
先は御手洗や飲料自販機はないので
加茂の里で済ませることをオススメします
バイカオウレン花見スポットへ出発!

花見スポットまでの道のりは舗装された
コンクリートや土(ぬかるみ注意)のため
履きなれた靴がいいです

★花見スポットへは‘‘矢印‘‘表示で分かり易い
あたり一帯木々に囲まれ
日中との温度差が激しい高知県には
嬉しい森林浴になる涼しいところです

所々から太陽の光が差し込み幻想的で
バイカオウレンは想像していたより
小さく可愛らしいお花でした

(注)遊歩道には柵が設置されていますので
観察の際は乗り越えないようご協力ください
観察当日は前日から積雪が残り、
半分近くの花びらが散っていたため
ピークは‘‘立春‘‘と思われます

※例年では2月初旬~3月初旬

NIYODO BLUE! ホームページより

この記事へのコメント