2018年04月23日

横倉山ツアー、無事終了しました

4月14日(土)に実施した横倉山ツアーですが、無事終了しました。

自画自賛になってしまいますが、いや、これはいいツアーになったんではないでしょうか。

ツアーの様子を簡単に報告します。


天気予報、雨!

いやいや、勘弁してくださいよ!

天気予報はいつも日本気象協会のサイトを見ているのですが、天気予報は生憎の雨予報。。。

しかも前日の13日はこれでもかというぐらいいいお天気。

自分の運の無さを呪いました。

とまあそんなことばかりも言ってられません。

幸い大荒れにはならなさそうだったため、ツアーは予定通り実施しました。

DSC_2077.JPG


越知町へ!

バスは高知駅を出発、一路西へ。

道中は仁淀川流域の観光スポットなどの紹介をしながら越知町を目指します。

まずは、最初の立ち寄り場所、観光物産館おち駅へ。

Q1A5251-1000x640.jpg

新鮮な野菜や山菜など、地元食材がいろいろ買えます。

いきなり買い物というのも変な感じがしますが、土日のおち駅は野菜が午前中にはかなり売れてしまうそうで、帰りに立寄ってもほとんど残っていないのです。

今回のツアーはお昼ご飯がついていないので、お昼ご飯を買う方もいらっしゃいました。

d69162b9f85e4931ca0921dab24f190d-1-1000x640.jpg

おちカツサンド、旨いんですよね。
登山にもおすすめですよ。

観光物産館おち駅
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/miyage/ochieki.htm


神秘と浪漫の山、横倉山へ!

予定としては先に博物館に行ってから登山という順番だったのですが、午後から雨が降る予報だったのでご参加の皆さんの了解をいただいて、先に横倉山に登ることにしました。

なるべく降られたくないですからね。

IMGP8881.JPG

さて、登山口の第3駐車場に到着しました。

ここからは2班に分かれて歩きます。

幸いにもまだ雨は降っていませんでした。

IMGP8899.JPG

横倉山の深い森が癒してくれます。

低山なんですが、独特の雰囲気のある森です。

でも道はよく整備されていて歩きやすいです。

IMGP8906.JPG

杉原神社に到着です。

杉の巨木がたくさん生えていて圧巻!

そして神社の社殿も見学します。

IMGP8954.JPG

IMGP8957.JPG

結構スルーされる方が多いんですが、彫刻も細かくてなかなか見ごたえがあるんです。

IMGP8961.JPG

記念に一枚。

さて、一行は横倉宮を目指して登ります。

IMGP8980.JPG

IMGP8981.JPG

横倉宮に到着。

せっかくなので、この裏に回ってみましょう。

IMGP9012.JPG

❝馬鹿だめし❞と言われる石灰岩の岩場です。

全身を使って先まで下りると迫力満点の景色が見られます!

※岩場は危険なので行く方は自己責任でお願いします。

このあたりからぽつぽつと雨が降ってきました。

次は畝傍山眺望所へ。

IMGP9040.JPG

馬鹿だめしの岩場がよく見えます。

あんなところにいたのか。。

ここから少し歩くとまた階段です。

IMGP9066.JPG

登り切ると、、、

IMGP9073.JPG

IMGP9087.JPG

安徳天皇陵墓参考地に到着しました。

教科書では壇ノ浦の戦いで平家が敗れ、その際に安徳天皇も亡くなったことになっています。

が、実は四国へ逃げのびて横倉山で過ごしたという伝説が、まことしやかに伝わっています。

というか、ガイドさんの話を聞いていると、それが本当なんじゃないかという気になってくるぐらい説得力があります。

この陵墓参考地は宮内庁が管理しているとのこと。

安徳天皇がここで亡くなったというのはあくまで仮設なので「参考地」が付くわけですね。

IMGP9119.JPG

その後、雨がしとしとと降る中、無事に第3駐車場に下山しました。

だんだん雨は強くなってきていましたが、深い森のおかげでそれほど下に雨粒が落ちてこず、思ったよりも濡れずにすんだのは良かったです。


一緒に歩いてみて思いましたが、やはりガイドさんがいるといないとでは全然違いますね。

横倉山は個人で歩いてもいい山ではあるんですが、ガイドさんの話を聞くと楽しさが何倍にもなります!

ガイドの予約は越知町観光協会が窓口になって受け付けています。

ガイド料金はお客様1名につき¥2,000です。

http://www.ochi-kankou.jp/mtyoko.html



横倉山自然の森博物館

まだまだツアーは続きます。

予定では午前中に入ることになっていましたが、日程を入れ替えて午後に入館。

IMGP9164.JPG

2階のロビーには横倉山の絵がどんと飾られています。

IMGP9162.JPG

今回はツアーということで特別に学芸員さんに館内を案内してもらいました。

地質、植物、歴史といろいろな横倉山のすがたが勉強できました。

横倉山自然の森博物館
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/look/hakubutukan.htm



越知名物のお漬け物!

博物館に別れを告げ一路東へ。

でももう1か所寄るところがあります。

その名も越知物産。

Q1A7087-1-1000x640.jpg

ここのしば漬け、本当に美味しいんですよね。

今回も買って帰ったのですが、妻に一瞬で食べつくされました。。

他にもたくあんや奈良漬けなど、昔ながらの製法で作られたお漬け物がいろいろと売られています。

試食して買うことができるので安心ですね。

越知町に立寄られる際は外せませんよ。

越知物産
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/food/ochibussan.htm



その後、高知市へ移動する間、どんどん雨は強くなってきました。

少しずれていたら大変だったな。。

今回ぐらいの雨だと横倉山の神秘的な雰囲気も楽しむことができて、逆に良かったかも?

今回ご参加いただいたかた、本当にありがとうございました!



スノーピークのキャンプ場もオープンしたし、横倉山のガイドもスタートしたし、あとはラーメン屋「倉橋」もオープンしたし、

いま、越知が熱い!!


ゴールデンウイークの予定がまだ決まっていない方は横倉山なんかいいんじゃないでしょうか?

横倉山のガイドは2日前まで予約が可能です。

ぜひ越知町へ!
posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 17:18| 高知 ☁| Comment(0) | ツアーの様子 | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

四国の屋根・石鎚山系の岩黒山に登る

香川県からお越しの山登り愛好家の方々に同行し、瓶ヶ森や筒上山そして石鎚山など四国の名だたる山に囲まれた山・岩黒山(標高1746m)に登って参りました。この日はあいにくの曇り空。残念ながらUFOラインは霧の中となりました。

IMG_0684_R.JPG
石鎚国定公園 土小屋周辺案内図。
石鎚山系登山の拠点となる土小屋だけに登山客でかなり賑やかでした。

IMG_0686_R.JPG
山岳信仰が盛んで今なおその山道は大峰宗覚心寺によって守られているそうです。

IMG_0693_R.JPG
ガイドさんがきのこの説明をしています。食べれるか食べれないか微妙というと一同笑いが起きました。

IMG_0702_R.JPG
湧水が所々に。やがて仁淀川に流れ込むと考えると感慨深いものです。

IMG_0704_R.JPG
山中ではここの景色が一番よかったように思えます。

IMG_0706_R.JPG
この坂を下っていくと筒上山へ。1860mの山なので最後はかなり登ることになりそうです。

IMG_0484_R.JPG
天気の良い日に瓶ヶ森から撮った岩黒山(右)その左が筒上山、一番左が手箱山です。

IMG_0708_R.JPG
夏登山なのでやはり虫が多かったです。多くの女性は顔隠し帽子で対処しています。

IMG_0716_R.JPG
登りやすい岩黒山ですが、最後の20分は結構急峻な坂道となりました。
この日は曇りだったので周りの山々こそ見えませんが、暑さは全く感じなかったです。

IMG_0718_R.JPG
頂上に到着!標高1746m。ガイドさんがこちらの方向が石鎚山です、と力説しております。ちなみにスマートフォンのアプリ「標高ワカール」は1735.6mを表示していました。



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif





posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 17:17| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツアーの様子 | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

高知の最高峰・瓶ヶ森に登る

5月21日土曜日、午後のひととき高知県最高峰の瓶ヶ森に登ってきました。
県外からの登山ツアーに同行させてもらった次第です。
瓶ヶ森へは、寒風山トンネルから町道瓶ヶ森線(UFOライン)を通りますが、またここが素晴らしい。
梼原町や津野町の北側にある四国カルストとともに、「土佐の高知にいるとは思えない」山々の絶景や、涼しい気候に心奪われます。

寒風茶屋(1140m)から伊予富士(1756m)、東黒森(1735m)、自念子ノ頭(1702m)、西黒森(1861m)そして瓶ヶ森(1897m)へ。ここまでくれば、西日本(関西以西)の最高峰石鎚山(1982m)、筒上山(1860m)、高知県単独で最も高い手箱山(1806m)が目の前に迫っています。
瓶ヶ森ハイキングの様子(周遊コース)をご覧ください。

さあ、出発。男山を目指して出発です。
IMG_0471_R.JPG

ふたつある山頂の中で男山が低い方の山頂です。少しごつごつした感があります。
IMG_0482_R.JPG

男山山頂を目前にして、景色の良いところで少し休憩。
IMG_0486_R.JPG

次は女山を目指します。なだらかな笹の葉を避けながら登ります。
IMG_0488_R.JPG

到着!標高1897m。高知県から愛媛県にまたがっていますが、ここが高知県最高峰ということになります。
IMG_0500_R.JPG

山頂から石鎚山を右手に、筒上山、手箱山を左手に。(振り返れば瀬戸内海)眺めは最高です。
IMG_0502_R.JPG

下山中。ここは氷見二千石原のど真ん中。ひとりでキャンプをしているおじさんに遭遇しました。
IMG_0521_R.JPG

山岳ガイドさんが20名のハイカーを引率しています。前方に筒上山がぽっこりと登場しています。
IMG_0527_R.JPG

瓶ヶ森から石鎚山を撮る絶好のスポット。よく写真で見かけるシーンです。
IMG_0532_R.JPG

やっと駐車場が見えてきました。子持権現山(1677m)を見下ろしながら約2時間のハイキングが終了しました。本日は天候にも恵まれました、お疲れさまでした。
IMG_0539_R.JPG


LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gifLOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif


LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif












posted by 仁淀ブルー観光協議会 at 10:39| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツアーの様子 | 更新情報をチェックする