佐川が生んだ偉人・田中光顕やジョン万次郎らが往き来した旧松山街道とは

田中光顕は1843年(天保14年)11月生まれ、1939年(昭和14年)3月に95歳で亡くなりました。江戸・明治・大正・昭和を生き抜いた土佐の偉人です。全国的にはどうした人?と言われることが大半ですが、「忘れかけられていた坂本龍馬を時の人にした人物」といえば興味が湧いて来るはずです。
江戸期は土佐藩家老(深尾氏家臣)でしたが、1864年同志を集めて脱藩、長州藩の高杉晋作の弟子となりました。その後、土佐藩出身の中岡慎太郎率いる陸援隊で活躍しましたが、龍馬と慎太郎が京都で暗殺された時、一番早くその場に駆けつけ、もはや虫の声だった慎太郎と会話したと言われています。
明治になってからは一転、岩倉使節団の一員として欧米を視察(航路で世界一周)、貴族院議員となり、何と宮内大臣を11年勤めました。
政界引退後は日本各地で維新烈士の顕彰に尽力、志士たちの遺墨、遺品などを熱心に収集しました。
ふるさと佐川の青山文庫にその多くは所蔵されています。是非ご覧ください。
まさしく「坂本龍馬をプロデュースした男」として知る人ぞ知る人物なのです。

前置きが長くなりましたが、郷土の偉人が1864年に脱藩した道(旧松山街道)を少しでも歩き、当時の面影に浸ろうと、先日有志約10名で視察してきました。ルートは佐川町赤土峠から仁淀川町鈴ヶ峠までです。

P1210630_R.JPG
まずは赤土峠。今はトンネルを通るのでこちらに来ることはないですが、志あるものが集結し脱藩、長州へ向かったと思うと、感慨深いものがあります。時の香りがします。

P1210635_R.JPG
越知町、下ノ宮から焼坂を通り、一同黙々と樺休場(休憩場)を目指して歩きます。

P1210638_R.JPG
振り返ると遠方に田中光顕らが通ってきたルートが見えます。人目をさけて船で川を渡ったということです。丁度ショウガの収穫前で景観に彩を添えています。

P1210641_R.JPG
前方左奥に黒森山(1017m)が見えています。この山の向かって左側面8合目くらいのところが鈴ヶ峠(約850m)。あそこを通って現在の仁淀川町池川に抜けていったということです。

P1210645_R.JPG
旧松山街道の遺産である石畳が少し見え隠れしており往時を偲びます。

P1210646_R.JPG
石神さん登場。もうすぐ横畠地区に入ります。

P1210653_R.JPG
黒森山山麓に入ってきました。こちら方面は伊予の国から土佐の国に向かう旧土佐街道。

P1210655_R.JPG
こちらは土佐の国から伊予の国に向かう旧松山街道。

そうです! 同じ道なのに歩く(進む)方向によって名称が変わるのです。
それで言うとジョン万次郎が帰国後、琉球、長崎を経由して1852年土佐に凱旋帰国したのは旧土佐街道ということになります。

P1210657_R.JPG
やっとのことで鈴ヶ峠にたどり着きました。木の葉っぱの間から筒上山(向かって左)と手箱山(向かって右)が大迫力で見えています。いつもUFOラインから見るので山の北面を眺めてきましたが、今回は南面。
太陽の日差しをもろに受けるので、山肌がはっきり見えました。リアルで迫力満点でした。

P1210663_R.JPG
ここに来たかったというメンバーが多かったように思います。
こことは鈴ヶ峠にある「天晴年号の入った灯明台」。
慶應の次の年号は明治ですが、慶應の次が天晴であったという幻の年号が彫刻されています。慶應3年が天晴元年であったという説が高知の随所に残っています。
摩訶不思議。

P1210668_R.JPG
帰りに車で黒森山のてっぺんに行ってきました。鈴ヶ峠では木の葉が邪魔して見えなかった石鎚山(正面左)がはっきりと見えています。一同「おお~」と声をあげるのも分かります。関西、近畿以西最高峰の山ですから。

P1210673_R.JPG
越知町の横畠まで帰ってきました。夕暮れ迫る中、ススキのお出迎え。秋が一日一日深まっています。

P1210678_R.JPG
最後に、薬師堂、大山祇神社本殿にある長州大工による彫刻を見学。緻密で精巧な彫刻群は、見るものを皆うならせるほどの傑作品です。失礼ですがここにひっそりと置かれているのはもったいない気がします。例え日光にあったとしても、訪問者は「さすが日光や。見事な彫刻品が置かれているわ。」と賛辞の言葉を送るに違いありません。

以上で、旧松山街道探索レポート(佐川赤土峠から仁淀川町鈴ヶ峠)を終わります。



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif




花、はな、華の仁淀川町

高知の観光開きは2月の初めでしたが、やはり観光の切り込み隊長は仁淀川町です。毎年2月11日、建国記念の日には前述の秋葉祭りがあります。そして3月下旬から4月初旬にかけて、桜と花もものオンパレードとなります。本当に桃源郷とはこんな所を言うのでしょうね。

中越家や市川家、大石家に咲くしだれ桜。池川地区土居川沿いや大渡ダム湖畔に咲き乱れるソメイヨシノ。吾川のひょうたん桜、そしてこの数年で大脚光を浴びている花もも。国道33号線沿い引地橋近くの花ももや久喜の沈下橋から山の中に車で15分のところにある上久喜の花もも。

桃源郷の世界へようこそ!

ドライブイン引地橋からほんのわずか、5年ほど前から春の風物詩となってきました。
RIMG1360_R.JPG

RIMG1364_R.JPG

庄屋さんだった中越家に咲く樹齢200年のしだれ桜
RIMG1366_R.JPG

町長さんのお庭に咲く大石家のしだれ桜。樹齢60年と言われています
RIMG1369_R.JPG

吾川のひょうたん桜を国道439号線から見上げてみました。
RIMG1372_R.JPG

現在の桃源郷!花咲かじいさんと言われて思わず納得の上久喜の花もも
連続で写真5枚 ご覧ください。
RIMG1374_R.JPG

RIMG1377_R.JPG

RIMG1380_R.JPG

RIMG1381_R.JPG

RIMG1384_R.JPG

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif



佐川の上町をふらっと歩いてみませんか

 子供の頃は、佐川といえば松山へ行く道中の通過点と考えていました。旧国道33号線沿いに白壁の酒蔵があり、ここだけ何か違う空間だなあと思ったくらいでした。植物学者の牧野富太郎さんのふるさとであることや、お酒の司牡丹のテレビコマーシャルを女優さんがやっていたのを知っていた程度です。

 待望の高速道路が開通し、松山や広島に行く際は国道33号線を通らなくなりましたので、益々疎遠になっていました。大人になってから旅行雑誌で、日本の桜名所100選のひとつに牧野公園の桜が入っていることを知りました。それから市町村の観光商品素材集なんかも充実してきて、黒岩産の新高梨、日本地質学のメッカといわれる佐川地質館、幕末の遺墨コレクションの青山文庫、うなぎ料理で有名な大正軒、龍馬脱藩の道(朽木峠越え)体験など、年齢と共に段々と佐川の魅力が分かってきたわけですが、今回機会があり、ガイドさんの案内で上町(うえまち)歩きを体験する事ができました。高知の山間部、佐川というところにこんな素敵な文教の町があったのか、と思わず感激してしまいました。

 日本国中、ガイドさんと一緒に町歩きができる箇所はたくさんあると思いますが、移動距離が短く、コンパクトにまとまっており、かつ質の高い観光地はあまりないのではないでしょうか。
 その魅力を伝えるには、やはり佐川滞在は3時間欲しいです。町歩きに2時間、うなぎ料理の大正軒で昼食1時間というところです。

 その時、撮影しました写真を何枚か添付いたします。ご覧ください。

地場産センター2階の町並み模型(訪れたお客さんがまず感激するスポットです)
RIMG1174_R.JPG

重文竹村家住宅(江戸時代からの造り酒屋で有力商人だったくろがね屋の建物)
RIMG1177_R.JPG

ギャラリーほてい(皆が楽しみにしている司牡丹のお酒販売のお店)
RIMG1170_R.JPG
RIMG1187_R.JPG


名教館(めいこうかんと読みます。佐川領主、深尾家の郷校として田中光顕、牧野富太郎らを輩出)
RIMG1171_R.JPG

佐川文庫庫舎(旧青山文庫で鹿鳴館時代の面影を残す木造洋館)
RIMG1173_R.JPG

その他、桜で有名な牧野公園や土佐3大名園の青源寺や乗台寺の庭園はまたの機会のご紹介します。

LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif