佐川が生んだ偉人・田中光顕やジョン万次郎らが往き来した旧松山街道とは

田中光顕は1843年(天保14年)11月生まれ、1939年(昭和14年)3月に95歳で亡くなりました。江戸・明治・大正・昭和を生き抜いた土佐の偉人です。全国的にはどうした人?と言われることが大半ですが、「忘れかけられていた坂本龍馬を時の人にした人物」といえば興味が湧いて来るはずです。
江戸期は土佐藩家老(深尾氏家臣)でしたが、1864年同志を集めて脱藩、長州藩の高杉晋作の弟子となりました。その後、土佐藩出身の中岡慎太郎率いる陸援隊で活躍しましたが、龍馬と慎太郎が京都で暗殺された時、一番早くその場に駆けつけ、もはや虫の声だった慎太郎と会話したと言われています。
明治になってからは一転、岩倉使節団の一員として欧米を視察(航路で世界一周)、貴族院議員となり、何と宮内大臣を11年勤めました。
政界引退後は日本各地で維新烈士の顕彰に尽力、志士たちの遺墨、遺品などを熱心に収集しました。
ふるさと佐川の青山文庫にその多くは所蔵されています。是非ご覧ください。
まさしく「坂本龍馬をプロデュースした男」として知る人ぞ知る人物なのです。

前置きが長くなりましたが、郷土の偉人が1864年に脱藩した道(旧松山街道)を少しでも歩き、当時の面影に浸ろうと、先日有志約10名で視察してきました。ルートは佐川町赤土峠から仁淀川町鈴ヶ峠までです。

P1210630_R.JPG
まずは赤土峠。今はトンネルを通るのでこちらに来ることはないですが、志あるものが集結し脱藩、長州へ向かったと思うと、感慨深いものがあります。時の香りがします。

P1210635_R.JPG
越知町、下ノ宮から焼坂を通り、一同黙々と樺休場(休憩場)を目指して歩きます。

P1210638_R.JPG
振り返ると遠方に田中光顕らが通ってきたルートが見えます。人目をさけて船で川を渡ったということです。丁度ショウガの収穫前で景観に彩を添えています。

P1210641_R.JPG
前方左奥に黒森山(1017m)が見えています。この山の向かって左側面8合目くらいのところが鈴ヶ峠(約850m)。あそこを通って現在の仁淀川町池川に抜けていったということです。

P1210645_R.JPG
旧松山街道の遺産である石畳が少し見え隠れしており往時を偲びます。

P1210646_R.JPG
石神さん登場。もうすぐ横畠地区に入ります。

P1210653_R.JPG
黒森山山麓に入ってきました。こちら方面は伊予の国から土佐の国に向かう旧土佐街道。

P1210655_R.JPG
こちらは土佐の国から伊予の国に向かう旧松山街道。

そうです! 同じ道なのに歩く(進む)方向によって名称が変わるのです。
それで言うとジョン万次郎が帰国後、琉球、長崎を経由して1852年土佐に凱旋帰国したのは旧土佐街道ということになります。

P1210657_R.JPG
やっとのことで鈴ヶ峠にたどり着きました。木の葉っぱの間から筒上山(向かって左)と手箱山(向かって右)が大迫力で見えています。いつもUFOラインから見るので山の北面を眺めてきましたが、今回は南面。
太陽の日差しをもろに受けるので、山肌がはっきり見えました。リアルで迫力満点でした。

P1210663_R.JPG
ここに来たかったというメンバーが多かったように思います。
こことは鈴ヶ峠にある「天晴年号の入った灯明台」。
慶應の次の年号は明治ですが、慶應の次が天晴であったという幻の年号が彫刻されています。慶應3年が天晴元年であったという説が高知の随所に残っています。
摩訶不思議。

P1210668_R.JPG
帰りに車で黒森山のてっぺんに行ってきました。鈴ヶ峠では木の葉が邪魔して見えなかった石鎚山(正面左)がはっきりと見えています。一同「おお~」と声をあげるのも分かります。関西、近畿以西最高峰の山ですから。

P1210673_R.JPG
越知町の横畠まで帰ってきました。夕暮れ迫る中、ススキのお出迎え。秋が一日一日深まっています。

P1210678_R.JPG
最後に、薬師堂、大山祇神社本殿にある長州大工による彫刻を見学。緻密で精巧な彫刻群は、見るものを皆うならせるほどの傑作品です。失礼ですがここにひっそりと置かれているのはもったいない気がします。例え日光にあったとしても、訪問者は「さすが日光や。見事な彫刻品が置かれているわ。」と賛辞の言葉を送るに違いありません。

以上で、旧松山街道探索レポート(佐川赤土峠から仁淀川町鈴ヶ峠)を終わります。



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif




第5回仁淀川こども祭&日高めだかフェスティバルに行ってきました!

9月22日(木・秋分の日)日高村で第5回仁淀川こども祭とめだかフェスティバルが開催されました。
当日朝までかなり雨が降っておりましたので、開催されるか少し心配しておりましたが、無事予定通りの開催となりました。

場所は日高村総合運動公園 野外劇場とめだか池です。
思っていた以上(失礼ですが)の入場者となりお昼前後にはかなりの人でごったがえしておりました。子供さんを中心にご家族連れが多く、賑やかなお祭りとなりました。

残念なことは、カヌー体験が中止されたことと日高村、仁淀川町、佐川町からの太鼓のパフォーマンスが太鼓が雨に濡れたらいけないということで中止になったことです。
その分、他の素晴らしいパフォーマンスが披露されましたのでご紹介いたします。

P1210559_R.JPG
会場となった日高村総合運動公園です。ドラえもんがお出迎え。

P1210527_R.JPG
スタンプラリーでスタンプを貯めた方々が早速抽選の列に並んでいます。

P1210534_R.JPG
オムライス街道デザインコレクションに応募した子供達と村長さんたちの記念写真。

P1210539_R.JPG
でた~! 知る人ぞ知る「高知大好き乙女ねえやん」による歌とダンスのひととき。

P1210549_R.JPG
土佐市からのシバテン踊りも負けておりません。

P1210556_R.JPG
さらに土佐市からは安来節まで披露。
新居で開催される10月8日の「土佐の豊穣祭」では、果たしてどんなパフォーマンスがあるか今から楽しみです。

P1210557_R.JPG
展望台から子供たちがシダ飛行機飛ばし大会に参加。果敢に飛行距離(時間)を競っております。

P1210560_R.JPG
楽しい体験プログラムも多数あり。草笛・竹笛鳴らしコーナー(昔遊び研究会)からのひとコマ。

P1210569_R.JPG
スガジャズダンススタジオからレインボーチルドレンのかっこいいダンス。

P1210575_R.JPG
メダカ釣り体験に挑戦するちびっこたち。

P1210580_R.JPG
「土佐日高ふりこまない~の音頭」を披露する体育会民謡部と土佐警察署日高駐在所の皆様。

P1210578_R.JPG
会場のお隣はメダカ池(日下川調整池)1998年に完成した14ヘクタールの内陸型湿地は県下最大級!
フットパスコースとしても人気のある日高村とびっきりの癒しの地です。



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif





仁淀川支流で自然体験学習

夏真っ盛りの8月上旬、越知町の旧明治中学校体育館とお隣の宮谷川で自然体験学習を開きました。
当日は川遊びの達人をおふたりお迎えして、大人や小学生・保育園児が入り交じり、大人も童心に帰り、楽しい川辺の一時を過ごしました。

講師の方は、お1人目が奥山英治さん。日本野生生物研究所所長です。「触れないと何にも分からない」をモットーに日本各地で観察会も行っています。今回の講義でも前日あらかじめ川で捕獲してきたスッポンや川エビを持ち込んできてくれました。
P1210360_R.JPG

P1210382_R.JPG
スッポンが川にいるなんて!と子供たちは大喜びです。

もうおひとりは、阿部夏丸さん。児童文学作家です。作品は、青少年読書感想文全国コンクール・課題図書にも選定されているそうです。
P1210365_R.JPG
人懐こさと巧みな話術で夏丸ワールドに引き込まれていきます。

昼食の後は、みんなで坂道を下り宮谷川へ。ここは仁淀川の支流です。普段はここで泳ぐこともない静かな小川です。車で5分の所には、仁淀川を代表する浅尾(あそお)の沈下橋があります。別名「鎌井田の沈下橋」ともいい、映画撮影の際は頻繁に利用されている沈下橋です。
P1210397_R.JPG
まずは、講師の先生から注意事項の説明がありました。楽しく小川で遊ぶ為のルールや気づきの説明を皆さん楽しく聞いております。

P1210401_R.JPG
テレビ高知の人気アナウンサーさんも登場し、一緒に川遊びを体験しました。夕方のイブニングニュースでは皆さんばっちり映っていましたね。

P1210407_R.JPG
川の下流から上流に向けて少しづつ移動しながら魚を探していきます。

P1210417_R.JPG
子供に戻った大人がここにも登場しました。やっぱり〝昔取った杵柄”ですね。遊びのレベルが高い。

P1210429_R.JPG
気になる上流をご紹介。そこにはなんと滝が。今回の川遊びは100メートルくらいの範囲の中で安全に楽しく行われました。

P1210433_R.JPG
楽しい遊びはまだまだ続きます。ちびっこ達はスライダーごっごに夢中です。

P1210446_R.JPG
さあ、いよいよタイムアップ!それでも子供たちは飽きることなくずっと川の中の魚を探しておりました。

観光協議会や各観光協会のメンバーも多数参加しておりました。本日肌で感じた体験は、今後の新しい観光メニューの開発につながっていくことでしょう。乞うご期待!


LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif




四国の屋根・石鎚山系の岩黒山に登る

香川県からお越しの山登り愛好家の方々に同行し、瓶ヶ森や筒上山そして石鎚山など四国の名だたる山に囲まれた山・岩黒山(標高1746m)に登って参りました。この日はあいにくの曇り空。残念ながらUFOラインは霧の中となりました。

IMG_0684_R.JPG
石鎚国定公園 土小屋周辺案内図。
石鎚山系登山の拠点となる土小屋だけに登山客でかなり賑やかでした。

IMG_0686_R.JPG
山岳信仰が盛んで今なおその山道は大峰宗覚心寺によって守られているそうです。

IMG_0693_R.JPG
ガイドさんがきのこの説明をしています。食べれるか食べれないか微妙というと一同笑いが起きました。

IMG_0702_R.JPG
湧水が所々に。やがて仁淀川に流れ込むと考えると感慨深いものです。

IMG_0704_R.JPG
山中ではここの景色が一番よかったように思えます。

IMG_0706_R.JPG
この坂を下っていくと筒上山へ。1860mの山なので最後はかなり登ることになりそうです。

IMG_0484_R.JPG
天気の良い日に瓶ヶ森から撮った岩黒山(右)その左が筒上山、一番左が手箱山です。

IMG_0708_R.JPG
夏登山なのでやはり虫が多かったです。多くの女性は顔隠し帽子で対処しています。

IMG_0716_R.JPG
登りやすい岩黒山ですが、最後の20分は結構急峻な坂道となりました。
この日は曇りだったので周りの山々こそ見えませんが、暑さは全く感じなかったです。

IMG_0718_R.JPG
頂上に到着!標高1746m。ガイドさんがこちらの方向が石鎚山です、と力説しております。ちなみにスマートフォンのアプリ「標高ワカール」は1735.6mを表示していました。



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif





第26回氷室まつり

7月17日(日曜日)高知県単独で一番高い山である手箱山の麓、いの町(旧本川村)越裏門(えりもん)公民館下の河原で「第26回氷室まつり」が盛大に開催されました。午前中は雨が降りそうな天気でしたが午後からは晴れ上がりました。結局これが梅雨明けとなったのです。

JRいの駅からバスで約1時間20分、やっと現地に到着しました。今はまだ10時45分。11時開始の予定なのにすでにいたるところからバーベキューのお肉の匂いが漂ってきました。フライングOKのお祭りです。
IMG_0580_R.JPG

国会議員の先生やいの町長をはじめ地元の名士による鏡割りです。
IMG_0590_R.JPG

吉野川源流ミニ水族館が会場の隅っこに登場しました。
IMG_0609_R.JPG

本川神楽(国指定重要無形民俗文化財)のワンシーン。本神楽は回転レシーブ風の踊りが目をひきます。
IMG_0619_R.JPG

力強く勇壮な吾北一番風による吾北和太鼓演奏。思わず司会者のかよちゃんも見とれています。
IMG_0633_R.JPG

本川中学校全生徒(20名)による本川花取り踊り。校長先生をはじめ引率の先生方、ご苦労さまでした。
IMG_0638_R.JPG

腕っぷしに自信のある成人男子による丸太切り競争。
IMG_0641_R.JPG

河原の石の間に眠っている宝さがし。
IMG_0651_R.JPG


氷室の氷残量当てクイズに正解した方はなんと21名!(残量なしが正解でした)
その為、じゃんけんによる上位3名を決定しました。
IMG_0655_R.JPG

梅雨明けを予感させた午後3時、予定通りまつりは無事終了しました。

余談ですが、ここは吉野川の源流に近い上流域です。仁淀川同様、水の美しさにははっとすることがしばしば。今日はそれほどではなかったですが、以前2月に撮影しておいた越裏門周辺の吉野川の清らかなる流れをご覧ください。いの町はなんと仁淀ブルーと吉野ブルーが共存している地なのです。

DSCF5372_R.JPG

DSCF5395_R.JPG



LOVEかわいい仁淀川


☆Facebookもやりゆうで☆

facebook-b3.jpg



ブログランキングに参加していますぴかぴか(新しい)
応援よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
↓Please Click Here☆(高知県の人気のブログランキングへGO!)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


banner.gif