紅葉真っ盛り 仁淀川地域で紅葉狩りをするならば

高知で紅葉狩りといっても、古都京都のように神社仏閣を訪れたらすぐ堪能できるというものではありません。やはり車を走らせてわざわざ山間部や渓谷にいかなければならないのです。 幸い高知市に隣接している仁淀川地域には、お勧めのできるきれいな紅葉スポットたくさんあります。 今回のお勧めは、①町道瓶ヶ森線(UFOライン)沿いの紅葉 ②人気急…

続きを読むread more

佐川が生んだ偉人・田中光顕やジョン万次郎らが往き来した旧松山街道とは

田中光顕は1843年(天保14年)11月生まれ、1939年(昭和14年)3月に95歳で亡くなりました。江戸・明治・大正・昭和を生き抜いた土佐の偉人です。全国的にはどうした人?と言われることが大半ですが、「忘れかけられていた坂本龍馬を時の人にした人物」といえば興味が湧いて来るはずです。 江戸期は土佐藩家老(深尾氏家臣)でしたが、1864…

続きを読むread more

第5回仁淀川こども祭&日高めだかフェスティバルに行ってきました!

9月22日(木・秋分の日)日高村で第5回仁淀川こども祭とめだかフェスティバルが開催されました。 当日朝までかなり雨が降っておりましたので、開催されるか少し心配しておりましたが、無事予定通りの開催となりました。 場所は日高村総合運動公園 野外劇場とめだか池です。 思っていた以上(失礼ですが)の入場者となりお昼前後にはかなりの人で…

続きを読むread more

仁淀川支流で自然体験学習

夏真っ盛りの8月上旬、越知町の旧明治中学校体育館とお隣の宮谷川で自然体験学習を開きました。 当日は川遊びの達人をおふたりお迎えして、大人や小学生・保育園児が入り交じり、大人も童心に帰り、楽しい川辺の一時を過ごしました。 講師の方は、お1人目が奥山英治さん。日本野生生物研究所所長です。「触れないと何にも分からない」をモットーに日本…

続きを読むread more

四国の屋根・石鎚山系の岩黒山に登る

香川県からお越しの山登り愛好家の方々に同行し、瓶ヶ森や筒上山そして石鎚山など四国の名だたる山に囲まれた山・岩黒山(標高1746m)に登って参りました。この日はあいにくの曇り空。残念ながらUFOラインは霧の中となりました。 石鎚国定公園 土小屋周辺案内図。 石鎚山系登山の拠点となる土小屋だけに登山客でかなり賑やかでした。 …

続きを読むread more

第26回氷室まつり

7月17日(日曜日)高知県単独で一番高い山である手箱山の麓、いの町(旧本川村)越裏門(えりもん)公民館下の河原で「第26回氷室まつり」が盛大に開催されました。午前中は雨が降りそうな天気でしたが午後からは晴れ上がりました。結局これが梅雨明けとなったのです。 JRいの駅からバスで約1時間20分、やっと現地に到着しました。今はまだ10時…

続きを読むread more

6月に咲くアジサイの花

桜、新緑のシーズンが終わると梅雨がやってきます。うっとうしい雨のシーズンでが、楽しいこともたくさんあります。そのひとつがスイカを食べること。そしてアジサイを観賞することではないでしょうか。 今回は仁淀川水系に咲くアジサイを訪ねてみました。 土佐市の加茂川親水公園をご存知ですか。約1キロにわたり川の両沿に約2,000本のアジサイが…

続きを読むread more

高知の最高峰・瓶ヶ森に登る

5月21日土曜日、午後のひととき高知県最高峰の瓶ヶ森に登ってきました。 県外からの登山ツアーに同行させてもらった次第です。 瓶ヶ森へは、寒風山トンネルから町道瓶ヶ森線(UFOライン)を通りますが、またここが素晴らしい。 梼原町や津野町の北側にある四国カルストとともに、「土佐の高知にいるとは思えない」山々の絶景や、涼しい気候に心奪わ…

続きを読むread more

にこ淵への道

いの町程野地区には、「程野の滝」と呼ばれる雄大な滝が四つありますが、 その下流側に、滝壺がとても美しい「にこ淵」と言われる場所があります これまでは、地元民と一部のマニアのみぞ知る隠れスポットでしたが、 昨年10月に日テレ系のテレビで紹介されて以来、一躍有名な場所になりました。 ただ、駐車スペースから「にこ淵」へ降りていくま…

続きを読むread more

花、はな、華の仁淀川町

高知の観光開きは2月の初めでしたが、やはり観光の切り込み隊長は仁淀川町です。毎年2月11日、建国記念の日には前述の秋葉祭りがあります。そして3月下旬から4月初旬にかけて、桜と花もものオンパレードとなります。本当に桃源郷とはこんな所を言うのでしょうね。 中越家や市川家、大石家に咲くしだれ桜。池川地区土居川沿いや大渡ダム湖畔に咲き乱れ…

続きを読むread more